「 ボクのオジサン 」










  ボクの頭の中にはピンク色の象が住んでいる。いつの間にかに勝手に住み着いている;のだ。
  このピンクの象はボクの夢を食べちゃう。
左の鼻の穴からはヨイ夢、右の鼻の穴からはワルイ夢、という具合に、左右で選り分けて吸い取っていく。何がヨクて、何がワルイのか、その判断基準はボクにはよく分からないけれど。

  とにかく、この象がボクの夢をみんな食べちゃうせいで、ボクには自分の夢の記憶というモノがさっぱりと、無い。
  ただ、たまに象の方でおなかが一杯になってしまったのか、それとも何処かが気に入らない夢だったのか分からないけれど、食べ残した分があると、その時だけはボクも夢を楽しむ事が出来るのだ。部分的にではあるけどね。

  そして、その象はボクの頭の中を、のっしのっしと歩き回り、時折、ぼったんこ、ぼったんこと、夢の残骸のでっかいウンチを落として行く。そこら中に。
  そして象の上には何故か、頭に黄色いターバンを巻いた、肌の浅黒いオジサンが右手には短いムチを持ち、左手ではフリルのついた黒い日除け傘を差しながら、アグラをかいて座っていた。
  このオジサンが何の為にそこに座っているのか、ボクにはさっぱり理解できなかった。
でも、居た。
  あー、今夜もそのピンクの象は、ボクの頭の中を歩き廻るのだ。 のっしのっし。 
オジサンも乗って。